【FE風花雪月】1周クリアしたので感想



    ファイアーエムブレム 風花雪月を購入、クリアしたので感想でもほそぼそと書きます。
    いやー、実はFEは今作が初プレイだったのですが
    世間の評判がよいのと初心者でも取っ付きやすいという噂を聞きまして
    元々、気になるタイトルということもあり購入しました。

    FEと名の付くゲームは幻影異聞録♯FEだけやりました。(むしろなぜそれを買ったのか)
    でもねぇ!全然話題になってないけど幻影異聞録も神ゲーだったんですよ!
    Wii Uのスペックをフル活用してたんですよ!開発がアトラスということもあってペルソナ好きにはよかったんですよ!
    でもWii Uが全然売れてなかった。(悲しいなぁ)


    【上記は置いておいてクリア時間】


    ざっと60時間でクリア。よくあるRPGよりも少し長いぐらいでしょうか。
    これでもフルボイス部分をかなり飛ばしてたりするので、
    もっとのんびりやっていたら100時間ぐらいかかってそうですね。

    ルートは赤の学級を選択。俗にいう帝国ルートでした。
    ネットワークに繋いでいるとよく使われているキャラのランキングが出るのですが
    見ている限りでは赤の学級が一番人気だったみたいですね。
    そりゃ赤だけ学級長が女の子だしね。みんな正直ね。


    【初見の意見としてよかったと思う点】


    難易度がかなりマイルドだったので割と目当てのキャラを育てるだけでも問題なく進めました。
    他の学級生もスカウトできるのですが、初期のキャラクター達だけでも問題なくいけますね。
    ただ急いで進めた方が報酬がおいしいところがあるので、飛行系が得意な生徒は確保した方が楽かも。

    あとは今回のシステムである「天刻の拍動」がとてもよかった。
    シミュレーションって無駄にセーブ&リセットをする文化があるのですが、
    上記を使用することで任意のタイミングまで戻すことが可能。(回数制限はありますがあまり気にならないです)
    どうせみんなリセットするんだからシステム化しちまえ。というところはむしろ遊びやすくてよかった。

    後はストーリーがかなり面白かったですね。
    学園編から5年後の戦争編(?)になるのですが、
    学園編の頃は模擬戦などでワイワイしていた彼らが5年後は敵同士。
    またそうなるストーリーもキャラごとに背景があって、それがかなり引き込まれます。

    また、戦争になった際に他学級の生徒をスカウトしていると自分自身の国に攻め込むことになるわけで、
    それによってまた会話があったりと作り込みがすごかったですね。
    スカウトして因縁の相手にけしかけて会話を見てみたいという部分と、
    むしろ誰もスカウトせずに本来あるべき形を見てみたいという部分が人によって変わるわけですね。
    ぶっちゃけどっちも見たいけど。


    【ちょい残念だったところ】
    まあいいところがあれば悪いところというか残念に思う部分も目立つわけで。

    上記のストーリーが面白いのですが1ルートだけでは話の全容が見えません。
    見えないどころかかすりもしない伏線があったりします。
    そういう意味では3つの学級をプレイしたいのですが、
    まあ1周に60時間、飛ばしたとしても多分30時間ぐらいはかかるわけで。
    正直、おじさんには辛い。
    「長い時間をかけてのんびり遊んでね」ということなんでしょうね。
    でもおじさん、無駄にゲーム買える財力があるから他のゲームもしたいのよね・・・。
    そういう意味では1周しただけでもそれなりに話の全容がわかるようにしてほしかったですね。
    面白いから気にはなるんですけどねー。






    というわけで概ね満足、ちょっと残念といった感想でした。
    ちなみにうちのエーデルガルトはドラゴンに乗って無双してましたね。移動力は正義。
    あと女の子なのにネットでエガちゃんって略されているのはちょっと可哀そう。(愛称は劇中では別にあるのに)

    スポンサーサイト



    ブログ内検索
    プロフィール

    ユウタカ

    Author:ユウタカ
    ぐだぐだ更新しています。
    twitter:@redgear_yutaka

    このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

    最近の記事
    カテゴリー
    RSSフィード
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる