【絶体絶命都市4】1周完了と軽い感想だけ




    11月に発売した「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」をやったので
    やった感想などを簡単ですが記載しようと思います。
    これを書く際に気づいたのですが、PS4の記事って初でした。
    おじさんもな、裏では色々やってるんやで?(PS4のゲームを)

    発売元のグランゼーラは絶体絶命都市シリーズでおなじみのアイレムより独立した方々で作成された会社で、
    アイレムのゲームが好きなら楽しめると思い、購入しました。
    アイレムゲームはパチパラシリーズを少しやったことがあるのですが、結構ハマりまして
    おかげでグランゼーラより以前に発売された「巨影都市」も購入・プレイ済みです。

    【どんなゲームや話なのか】
    そんなこんなでゲーム内容の話になります。
    有名なシリーズなので割と知られていると思いますが、
    大地震に巻き込まれた主人公が様々な人と出会いつつ、地震発生地より生き延び、脱出するゲームとなります。
    もちろん、大地震に巻き込まれた体で様々な解決方法などがわかるような作りになっていますが、
    私がこのゲームに求めているのは、出会う人たちとのやり取りや独自の選択肢。

    アイレムゲーは不必要なほどの選択肢とその中にある鬼畜選択肢が売りなところがあり、
    また地味にフルボイスだったりするので声優さんによる選択肢ごとの演技が楽しかったりします。
    あとは割と気楽に遊べるのが好きです。
    がっつりやり込むというよりは、サラっと遊ぶイメージ。

    【では今作はどうだったか】
    大筋はいつものアイレムゲーでした。
    あとはPS4になっていたこともあり、建物崩壊などが大きく描かれていたり、
    道端にいる人ほとんどと話すことができたり、通り過ぎるだけでも喧噪が聞こえてくるのがリアルでしたね。
    あとはいつもの出会う人々にそれぞれドラマがあったり。
    少し不満があったとしたら、そのドラマが割とあっさり終わっていたことぐらいでしょうか。
    ネットで調べたら後日談DLCを考えているらしいので、ちょっと気になっています。

    まあ、リアルに会っただけの人だったらその後なんで知るかぐらいがリアルなのかも知れませんね。
    ゲームなので掘り下げてもらえるなら掘り下げてほしいですが。

    あと、このゲームは割と助からない人が出てくるのですが
    大体は海の藻屑と消えたり、溝に落ちて行ったりと死については結構ぼかすことが多いのですが
    今回はがっつりと向き合うシーンがあったのでそこはビックリしました。
    ネット上では、その辺りのイベントについてかなり評価が悪いらしいですが。
    どんよりしたシーンのまま特に救済もないので気持ちはわからなくもないですが、リアルっちゃリアルですね。

    【あと割とフリーズします】
    あとエラーが発生してゲームが止まってしまうことが多かったです。
    一応、これを記載しているときにはver.1.05が配信されてますが、
    2週目をやってたら頻繁に止まったので今は手を付けるのをやめました。
    後日談が配信されるぐらいにはパッチ対応でスムーズにできることを期待しています。
    スポンサーサイト
    ブログ内検索
    プロフィール

    ユウタカ

    Author:ユウタカ
    ぐだぐだ更新しています。
    twitter:@redgear_yutaka

    このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。

    最近の記事
    カテゴリー
    RSSフィード
    月別アーカイブ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる